水漏れが起きたときの修理のポイント

修理に関するポイントをまとめました
未分類

修理を依頼する

By on 2018年5月8日

水漏れのトラブルが発生したならばすぐに業者に連絡をしましょう。水漏れの修理に対応してくれる業者はたくさんあります。24時間対応でサービスを提供している業者はたくさんあります。たとえば夜間に水漏れが発生して、その被害がとても大きい場合には躊躇することなくすぐに業者に連絡をするべきでしょう。

業者ただし、いきなり連絡をするのではなくて、まずは水漏れした部分を確認して、止水栓を閉めたり、そこを使わないようにするといった応急処置を施しましょう。そのあとで連絡をしましょう。その際には冷静に状況を伝えましょう。

業者に連絡をするとスタッフが出張してきてくれます。出張対応できるエリアが決まっていることが多いため、自分の住んでいる地域にその業者が対応してくれるか確認しておいてください。

業者のスタッフが来たならば、水漏れしている部分を確認してくれて、見積を出してくれるでしょう。その見積を確認して、納得できたならば、署名をして作業を頼むことになります。実際に作業をして、それが終わったならば確認をします。そして、最終的な決済をすることになります。アフターサービスをしてくれるところもあります。アフターサポートについてきちんとチェックしておきましょう。

未分類

応急処置

By on 2018年5月5日

もし水回りで水漏れが起きてしまったならば、すぐに対処するべきでしょう。それぞれの場所ごとに適切な対応をするべきです。水漏れしてしまう箇所としては、排水管と給水管が存在しています。排水管というのは水を使用したときに水漏れが確認されます。水を排出するために使われるものだからです。したがって、水を使用しなければそれ以上被害が拡大することはないでしょう。応急処置としては、水漏れが生じている設備の使用をやめて業者が修理をするまで待ちましょう。

給水管給水管が水漏れしている場合には、常に水漏れが確認されるでしょう。それがすぐに手の届く場所であれば、応急処置としてタオルを巻きつけておいたり、バケツによって水を受け止めるようにしましょう。それでも漏れ出てしまう水の量が多いときには、止水栓を閉めてしまいます。そうすれば水の供給を完全にストップさせてしまうことができるため、それ以上被害が広がってしまうことはなくなります。

いずれにしても、下手に自分で修理をしようと考えるべきではありません。基本的には専門家に任せてしまうべきでしょう。下手に修理をしようとすると、余計に被害が広がってしまう可能性があります。できるだけ早く業者を呼びましょう

未分類

水漏れは大変

By on 2018年5月2日

生活をしていて毎日使うことになる部分といえば水回りでしょう。トイレや洗面台、お風呂、キッチンなど水を扱う場所は家庭内にたくさんあります。この水回りというのはどんどん劣化が進みやすくなっています。水というのはそれだけ強い影響を与えてしまうものなのです。たとえば水道で水が流れるというのはとても強い圧力がかかっている状態です。それに耐えられるような設計をされているのですが、それが毎日続いてしまうことによって少しずつ劣化が進んでしまう可能性があるのです。そのため、定期的に水回りのメンテナンスをすることは大切でしょう。

トイレしかし、どんなに注意していたとしても、水回りの劣化が進み水漏れしてしまう可能性があります。水漏れが起きてしまうと大変なことになります。そのまま放置してしまうとどんどん被害が大きくなってしまうのです。水漏れして、その水がいろいろなところを汚してしまったり、腐朽の原因になってしまう可能性があるのです。水漏れはできるだけ早く修理するようにしましょう。

こちらでは万が一水漏れが起きたときのために、修理に関するポイントをまとめました。水漏れの修理をしてもらうまえに応急処置する方法や、実際に業者に修理を依頼する際の注意点などをまとめています。水漏れが起きて悩んでいる方やこれからのトラブルに備えたいという方はぜひとも参考にしてください。しっかりと水漏れに対処して、トラブルを最小限に抑えましょう。そのためのポイントを教えます。